コーポレートガバナンス

当社は、長期的な視点より、事業の拡大、収益力の向上などによる当社株主ならびにご加入をいただいているご加入者様への、企業価値の拡大を目指しています。

その実現のためには、効率的な経営を志向するとともに、経営の透明性を確保すること、すなわちコーポレート・ガバナンスの仕組みが有効に機能することが重要であると認識しており、両者を両立させることを経営上の課題と位置付けています。


上記の方針に基づき、経営判断の迅速化・効率化をより一層推進するとともに、経営判断、および業務執行の適正性・透明性を確保し、またコンプライアンス体制の充実を図るため、下記の施策を講じることとしています。

 *経営に対する監視・監督機能の強化

 *当企業グループ全体の内部統制の構築と、その適切な運営の確保

 *適時開示体制の強化


当社は、それぞれの業務に関連する遵守すべき法令に基づいて、コーポレート・ガバナンスの仕組みを構築しています。


当社は遵法精神が高い企業であることを目指し、それぞれの業務に関連する遵守すべき法令や配慮すべき事項を明確に定めて、定期的に自己検証を実施するなど、コンプライアンスについて体系的に取組むこととしています。


当社では、経営上の重要な意思決定を行い、業務執行機関である各取締役を監督する機関としての取締役会を、毎月1回定期的に開催するほか、随時に臨時取締役会を開催し、迅速かつ的確な経営判断が実施できる体制としております。

また、当社取締役会は、当社の最高意思決定機関として位置付けられ、重要な意思決定は当社取締役会を通じることとし、統制を図っております。

さらに、社外監査役を選任しており、独立の立場から会社会計に関して監督することを可能にしております。

また、経営に対する監査機関として、コンプライアンスに係る事項について、コンプライアンス・内部監査部を設け、必要に応じて弁護士等の外部専門 家によ るチェックを受けることとしております。


当社は、さらに内部統制の基本方針を定め、当該方針に基づく内部統制システムの整備に取り組んでおります。

(1)

当社は、コンプライアンス体制にかかる規程を制定し、役職員が法令・定款を遵守した行動をとるために行動指針を定める。その徹底を図るため、コンプライアンス・内部監査部を設置、担当役員の指示のもと役職員、スーパーバイザー、ビジネスパートナーへの教育等を行う。また、各部門毎 のコンプライア ンスチェックを通じて、コンプライアンス・内部監査部が是正及び改善指導をする。


(2)

法令に従い、取締役の職務執行状況を、文書または電磁的媒体(以下、文書等という)に記録し、保存する。取締役及び監査役は、常時、これらの文書等を閲覧できる。


(3)

リスク管理を明確にするため、リスクカテゴリー毎の責任部署を定め、当社全体のリスクを網羅的・総括的に管理し、リスク管理体制を明確化する。


(4)

1.取締役会で決議した経営計画及び年度計画に基づき、各業務執行部門は目標達成のために具体的な施策及び効率的な業務遂行体制を決定する。

2.取締役会及び職務権限規程において各取締役の職務と権限を定め、職務が効率的に遂行されるようにする。