お客様本位の業務運営を
実現するための方針

株式会社FIS(以下「当社」といいます。)は、常にお客様の声に真摯に耳を傾け、それら一つ一つを全役職員で共有し、また、お客様の声プロジェクトの推進や、リスクコンプライアンス委員会において分析することにより、様々な施策に反映しております。

「すべてはお客様のために」という基本を全役職員で共有し、今後とも業務に邁進するとともに、その取り組みや成果を定期的に確認し、見直してまいります。
お客様の最善の利益の追求
当社が、運営するビジネスパートナー店(以下「BP店」といいます。)制度と販売商品であります「生活総合保険」「賃貸のほけん」「テナントのほけん」は、賃貸物件に入居されるお客様に、分かりやすく充実した補償内容と安価な保険料、簡便でサービス体制の充実した加入等のシステム、万が一の事故の際も安心していただけるサポート体制など、「お客様第一」というコンセプトで作られた商品・システムです。

当社は今後とも、お客様やBP店よりの声に真摯に耳を傾け、さらにお客様に喜んでいただける商品・システムの改定・新規開発に努めてまいります。
利益相反の適切な管理
当社の保険商品は、基本的にBP店を通じてお客様に紹介され、お客様自身のご判断により加入手続きがなされます。そのため、原則としてお客様のニーズに沿わない保険商品の販売がなされることは想定しにくいと考えておりますが、BP店において法令および顧客保護上問題のある当社商品の紹介等が生じることの無いよう、BP店指導監督に注力するとともに、すべてのお客様への「サンキューコール」の実施等により、適正に業務が運営されるよう管理してまいります。
手数料等の明確化
当社がBP店に委託する業務は以下のとおりです。

1.契約申込環境の整備
(1)店頭カウンター等に当社保険のウェブ申込用パソコンを設置し、自店のお客様による操作を許可すること、または契約申込書類一式を店頭等に陳列・配置すること。

2.自店のお客様に対する当社保険の紹介
(1)自店のお客様のうち入居者様向け保険の契約希望者に対して、当社保険を紹介すること。

3.契約申し込み手続きの支援・助言及び質問対応
(1)ウェブ申込に際してのパソコンの操作方法の支援・助言
(2)申込に際しての申込者様からの質問に際して、お客様専用ダイヤルに連絡することを助言すること。必要であれば、そのための電話使用の便宜をはかること。

4.当社保険契約者様である入居者様より転居連絡を受けた際に、当社との間で転居に伴う保険手続きを執るよう助言すること。または当人の了解を得た上で、当社にその旨を連絡すること。

5.当社保険契約者様である入居者様より事故連絡を受けた際に、当社との間で保険請求の手続きを執るよう助言すること。または当人の了解を得た上で、当社にその旨連絡をすること

6.その他、当社保険契約者様である入居者様より、保険契約に関する相談や連絡を受けた際に、当社との間で必要な保険手続きを執るよう助言すること。または、当人の了解を得た上で、当社にその旨を連絡すること。

7.前項までに関連する、その他付随的な業務。

当社は、BP店に支払う手数料の水準として、当社の経営の健全性確保及びBP店における適正な業務の確保に留意した上、適切な設定を行っております。
今後とも総合的なサービスレベルを絶えず向上させ、お客様にご満足いただける付加価値を追求し、ご期待にお応えできるよう努めてまいります。
重要な情報の分かりやすい提供
当社の保険システムは、当社とお客様が直接契約を締結するいわゆる「通信販売型」システムであり、お客様ご自身で契約手続きを行っていただく必要があります。従いまして、分かりやすい商品内容と申込フォーム、インターネットによる契約内容の確認、コールセンターの内製化によるお客様からのご質問などに対する丁寧な対応態勢を構築いたしています。今後とも引き続きまして、お客様に提供する帳票やホームページ、お取引画面等についてもよりわかりやすくなるよう工夫するとともに、オペレーターの教育にも注力いたしてまいります。
お客様にふさわしいサービスの提供
当社の商品は、前述のとおり「通信販売型」商品であり、申込フォームの中でお客様の意向の把握と確認をさせていただいております。賃貸物件の用途や保険金額など、お客様のニーズに合致する商品を取りそろえておりますが、今後とも商品・サービスの開発に努めてまいります。
従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
当社は、「すべてはお客様のために」という基本を全役員・従業員が意識して行動し、良質なサービスを提供するよう、社員教育・研修の充実に努めてまいります。

1.MISSION、VISION、VALUE、考動指針等の浸透
当社のMISSION、VISION、VALUE、考動指針等の浸透に向け、毎朝の朝礼において全員で唱和することとしております。
詳しくはこちら

2.各種会議、委員会等の定例開催
 ①取締役会(毎月開催)
  経営に関する各種議案の審議と決定など
 ②役員会(毎週開催)
  各部門の取組状況確認と方針の決定など
 ③リスク・コンプライアンス委員会(毎月開催)
  事故事案、お客様の声、不祥事故、BP店指導状況等点検・分析と方針の決定など
 ④お客様の声プロジェクト(毎月開催)
  お客様の声への真摯な対応をすすめることを目的としたマネージャークラスの勉強会
 ⑤管理態勢構築プロジェクト(毎月開催)
  社外検査による指摘事項の改善状況確認と方針決定など

3.当社社員への研修・教育と評価
 ①全社員向けの研修につきましては、毎月1回「コンプライアンス研修」をコンプライアンス部主管で実施しているほか、各部門別において商品やシステム研修を実施し、確認テストなども行い社員への周知を徹底いたしております。
 ②上記各取組を通し、その年のMVP社員を取締役会において選出し表彰している。